職員室から

  • 2012.09.01

    夏の思い出

    長かった夏休みも終わりましたが、みなさんどのように過ごされましたでしょうか?
    子ども達から『〇○へ行ったよ』など、夏休みの話を聞くのが今から楽しみです!子ども達に混じって、私の夏の思い出話もし、会話を楽しみたいと思います。



    8月25日()は、まどか幼稚園の夕涼み会がありました。役員のみなさん、参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

    魚河岸シャツや、浴衣、甚平など普段と違う子ども達の姿がとても可愛らしく見えました。

    17時から年長児による夜店の販売!
    いつもは、買い手なので、大きな声で『いらっしゃいませ』と言うには少し恥ずかしさが見られましが、グループの友達と一緒に『せーの』の合図で声を出し、お客さんが帰る時には、『ありがとうございました』と、大きな声で言えるようになりました。
    私のグループは、ドーナッツくじの担当で、1~16番までが当たりで、大きなドーナッツのストラップがもらえます。1~16番までの数字が出た子には、みんなで『おめでとう』と拍手をして商品を渡しました。
    くじが少なくなるにつれ、『大きいのは、次誰が当たるかね?』と気にするようになり、お客さんがくじをめくるのをまじまじと見ていました。

    そして、見事完売し、売る大変さ、喜びを感じる事ができ、良い経験となりました。

    2学期もいろいろな体験、経験をして楽しく過ごしましょう! (中村 友紀)

    image
  • 2012.08.16

    みんなに会えるのが楽しみ!

    まどかっ子の皆さん!!

    夏休みは楽しく元気に過ごしているでしょうか?お家の皆さんや友達と一緒に素敵な夏休みを送っていると思います。

    後期夏期保育が20日から始まります!職員一同、子どもたちの元気な姿を見れること、子どもたちから夏休みの思い出を聞くことをとても楽しみにしています!!



    今夕、田尻北浜で『とうろん』がありました。

    『とうろん』に参加してくださったお家の皆さんありがとうございました。

    まどかっ子の皆で、月夜のポンチャラリン、海の仲良し音頭、ソーラー音頭、ジャブジャブ音頭の四曲を楽しく踊りました!!これからも地域行事に参加する機会が沢山ありますので、皆で参加して良い思い出を作りましょう!

    踊った音頭以外にも、25日の「夕涼み会」では学年ごと音頭を踊りますので楽しみにしていて下さい



    20
    日からの後期夏期保育、元気に幼稚園に来てください!

    久々に“まどかっ子”の皆に会えることを楽しみにしています!一緒に沢山遊びましょう♪

    園庭のライオンの遊具や滑り台、うんていがペンキを塗り替えて素敵になっています!

    変身した姿も楽しみにしていて下さいね♪ (大畑文乃)

    image
  • 2012.08.04

    夏の仲良し会

     前期夏季保育も終わり、子どもたちがとても楽しみにしていた夏休みに入りました。園では仲良し会の子ども達が暑さに負けず、元気いっぱい園庭を駆け回っています。


     バンビや年少児から年長児までの異年齢の子どもたちが一緒に過ごす一日は、普段の幼稚園の生活とは違い、年中児や年長児は 少しお兄さんやお姉さんになった気分で自分よりも小さな子の面倒を見たり、手をつなぎ一緒に遊びます。逆に年少児は、お兄さんやお姉さんのする遊びに興味を持ち、真似てみるなど、お互いに刺激し合いながら過ごしている様子が見られます。


     


    今日も外では、虫かごとタモを持って山にいる蝉を一生懸命に探しました。蝉を見つけると年長児が知恵を出し合い「もっと長いタモがいい!」「あんまり大きい声出すと逃げちゃうから、シ~!」など声を掛け、じっと見つめる年少児を横に、真剣な表情で蝉捕りを楽しんでいます。仲良し会の部屋に戻ってくると虫かごの中には蝉や、蝉の抜け殻がいっぱい!どの子も自慢げに見せてくれます。「アブラゼミだよ!クマゼミだよ!」と蝉の種類を教えてくれる子もいます。暑いからと言って部屋の中にいるのではなく、外にとび出して夏ならではの遊びを思いっきり楽しんでほしいと思います。  


     (R. sugiyama)


     


    (写真) 夏の仲良し会では30分、「なんにもしない」ひと時


          があります。フリータイム30分


           本を読んだり、友だちとヒソヒソ話、ゴロリンと寝転
            がったりする時間
    です。


     




    image
  • 2012.06.07

    一日の始まりは元気な「おはよう」

    「おはよう‼」子ども達の元気な声で まどか幼稚園の一日が始まります。

     

    昨年までは保護者の方に手を引かれ園舎に向かっていた子も、一つ大きくなった今、「いってきます」と元気に門を走り抜けてくる姿が見られます。

     

    4月当初と比べ、照れくさそうに登園してきた子も少しずつ自分から挨拶ができるようになってきました。

     

    そんな子ども達の姿を見て、思わず笑顔になります。一日の始まりに子ども達からたくさんのパワーをもらう毎日です。 ( Onuma )

    image
  • 2012.05.22

    だんご虫マンション



     

     雨上がりの午後でした。  「雨が止んだから、だんご虫がたくさんいそうだね~」と話をしていると、子どもたちから「うん!探そう!!」、「どこにいるか知ってるよ」と、目を輝かせた子どもたち。  「だんご虫を捕まえたら、今日はお家を作ってあげよう!」と話すと、われ先にと、園庭へ出かけていきました。



    まどかっこの森の葉っぱの下には、だんご虫がたくさんいます!!捕まえただんご虫をそっと持って、手のひらに乗せ、ちょっと見て、一匹ずつをやさしく容器に入れました。



    「お家を作ってあげよう!」と保育室に戻り、ペットボトルのお家にお引越し!!



    ペットボトルの底を4つ使って、縦に積み上げると、みんなから「4階建だ―☆★」と、大盛り上がり。「だんご虫マンションだ~!」という声につられて、「だんご虫マンション」コール。たけ組の「だんご虫マンション」と名付けました。 



     だんご虫を触ることが苦手な子も、へっちゃらな子も虫メガネを使って「黄色い点々があるからメスだよ!」などと、じーっと眺めたり、新聞紙の上を歩かせてみたり…。子どもたちならではの、いろいろな観察の仕方があるんだ、と改めて「だんご虫」への興味関心の深さと、子どもたちの発想の面白さに脱帽でした。 



    ―こうしてできあがった「マンション」は今では5階建て!



    水をあげたり、だんご虫は何が好きなのかな?、どんなものを食べるんだろう?・・・・

     

    子どもたちの関心は限りなく、広がっていきます。だんご虫の生活をみんなで観察したり、また図鑑などを調べたりする経験もしてほしいと思っています。だんご虫だけでなく、他の小動物にも興味がありそうです。これからの季節、てんとう虫、かたつむり、メダカ・・・・、子どもたちと一緒に観察していきます。

    しばらくは、だんご虫をじっくりと、保育室の中の「マンション」を中心にみんなで楽しもうと思っています。   (m.muramatsu)

    image