職員室から

  • 2012.08.04

    夏の仲良し会

     前期夏季保育も終わり、子どもたちがとても楽しみにしていた夏休みに入りました。園では仲良し会の子ども達が暑さに負けず、元気いっぱい園庭を駆け回っています。


     バンビや年少児から年長児までの異年齢の子どもたちが一緒に過ごす一日は、普段の幼稚園の生活とは違い、年中児や年長児は 少しお兄さんやお姉さんになった気分で自分よりも小さな子の面倒を見たり、手をつなぎ一緒に遊びます。逆に年少児は、お兄さんやお姉さんのする遊びに興味を持ち、真似てみるなど、お互いに刺激し合いながら過ごしている様子が見られます。


     


    今日も外では、虫かごとタモを持って山にいる蝉を一生懸命に探しました。蝉を見つけると年長児が知恵を出し合い「もっと長いタモがいい!」「あんまり大きい声出すと逃げちゃうから、シ~!」など声を掛け、じっと見つめる年少児を横に、真剣な表情で蝉捕りを楽しんでいます。仲良し会の部屋に戻ってくると虫かごの中には蝉や、蝉の抜け殻がいっぱい!どの子も自慢げに見せてくれます。「アブラゼミだよ!クマゼミだよ!」と蝉の種類を教えてくれる子もいます。暑いからと言って部屋の中にいるのではなく、外にとび出して夏ならではの遊びを思いっきり楽しんでほしいと思います。  


     (R. sugiyama)


     


    (写真) 夏の仲良し会では30分、「なんにもしない」ひと時


          があります。フリータイム30分


           本を読んだり、友だちとヒソヒソ話、ゴロリンと寝転
            がったりする時間
    です。


     




    image
  • 2012.06.07

    一日の始まりは元気な「おはよう」

    「おはよう‼」子ども達の元気な声で まどか幼稚園の一日が始まります。

     

    昨年までは保護者の方に手を引かれ園舎に向かっていた子も、一つ大きくなった今、「いってきます」と元気に門を走り抜けてくる姿が見られます。

     

    4月当初と比べ、照れくさそうに登園してきた子も少しずつ自分から挨拶ができるようになってきました。

     

    そんな子ども達の姿を見て、思わず笑顔になります。一日の始まりに子ども達からたくさんのパワーをもらう毎日です。 ( Onuma )

    image
  • 2012.05.22

    だんご虫マンション



     

     雨上がりの午後でした。  「雨が止んだから、だんご虫がたくさんいそうだね~」と話をしていると、子どもたちから「うん!探そう!!」、「どこにいるか知ってるよ」と、目を輝かせた子どもたち。  「だんご虫を捕まえたら、今日はお家を作ってあげよう!」と話すと、われ先にと、園庭へ出かけていきました。



    まどかっこの森の葉っぱの下には、だんご虫がたくさんいます!!捕まえただんご虫をそっと持って、手のひらに乗せ、ちょっと見て、一匹ずつをやさしく容器に入れました。



    「お家を作ってあげよう!」と保育室に戻り、ペットボトルのお家にお引越し!!



    ペットボトルの底を4つ使って、縦に積み上げると、みんなから「4階建だ―☆★」と、大盛り上がり。「だんご虫マンションだ~!」という声につられて、「だんご虫マンション」コール。たけ組の「だんご虫マンション」と名付けました。 



     だんご虫を触ることが苦手な子も、へっちゃらな子も虫メガネを使って「黄色い点々があるからメスだよ!」などと、じーっと眺めたり、新聞紙の上を歩かせてみたり…。子どもたちならではの、いろいろな観察の仕方があるんだ、と改めて「だんご虫」への興味関心の深さと、子どもたちの発想の面白さに脱帽でした。 



    ―こうしてできあがった「マンション」は今では5階建て!



    水をあげたり、だんご虫は何が好きなのかな?、どんなものを食べるんだろう?・・・・

     

    子どもたちの関心は限りなく、広がっていきます。だんご虫の生活をみんなで観察したり、また図鑑などを調べたりする経験もしてほしいと思っています。だんご虫だけでなく、他の小動物にも興味がありそうです。これからの季節、てんとう虫、かたつむり、メダカ・・・・、子どもたちと一緒に観察していきます。

    しばらくは、だんご虫をじっくりと、保育室の中の「マンション」を中心にみんなで楽しもうと思っています。   (m.muramatsu)

    image
  • 2012.04.22

    友だちと一緒に楽しくあそぼう!

    木々が次第に緑に覆われ、風がさわやかになってきました。新年度がスタートして1ヶ月が経とうとしています。


     今までの年少舎から二階建ての新しい年中・年長舎での生活は、進級を子どもなりに感じてる様子です。新しい友達、保育室やトイレ、靴置場も少し変わりました。新しい環境にすぐに慣れて友達を誘い合い遊び始める子、少し戸惑いがちに周りを見渡す子など、子どもたちの様子も様々ですが、環境が変われば戸惑うことは当然のことです。子どもたちが、徐々に本来の姿を出せるように援助しています。


     年中・年長組は先日元気ハイクに行きました。

     年中組は松原公園へ出掛けました。横列、縦列を意識し、前の子と間隔をあけないように歩いていきました。年中組になり、年少の頃よりもペースを少し上げながらみんなで頑張って歩きました。公園では、クラスごと遊具で遊んだり、広場でかけっこをしたり、樹木の中で落ち葉を拾ったりしながら、いろいろな発見があったようでした。広い場所で元気いっぱい遊びました。

    今週は蓮華寺池公園へのバス遠足もあるので、しっかりと並んで歩けるように園庭でも散歩をしたりして、たくさん歩いていきたいと思います。  S.kinpara

    image
  • 2012.04.09

    みんなそろってスタート!

      春の暖かい日差しと少し冷たい風の吹く中、先日第42回まどか幼稚園入園式が行われました。 天候に恵まれ、桜の花もとてもきれいに咲き誇って、まどかっこの入園をお祝いしているようでした。
     
     今年度は年少組に56名、さくら、もも、ふじ組にもそれぞれ1名の新入園児が加わり、全部で59名の子どもたちがまどかっこの仲間入りです。
    入園式では新入園児たちだけでしたが、まどかっこにはたくさんのお兄さんお姉さんの年中組、年長組の子どもたちもいます。
    新しいまどかっこの全員が幼稚園に揃うのがとっても楽しみです。
     
     新年度のスタートは、どの学年のこどもたちもドキドキわくわくしていることと思います
    もちろん、私自身も新しいクラスの子どもたちとの出会いにドキドキわくわくしています。
    中には、不安を抱えている子もいるかと思いますが、そんな不安や緊張した気持ちには寄り添いながら、温かい雰囲気で子どもたちを迎えていきたいと思います。
     
     子どもたちの笑顔がいっぱいみられる楽しい新年度にしたいです。今年度もどうぞよろしくお願いします。 (a.Mori)
    image